千趣会チャイルドケアTOP > 保育の特徴 > 保護者支援

保育の特徴

保護者支援

園から指定の準備物は最小限に

忙しい保護者の負担にならないように、手づくりをお願いすることを最小限にしています。登園バッグも各自さまざまで、園指定の制服や体操服などもなく、ご家庭にある普段着で。子どもたちがそれぞれ過ごしやすい服装で登園しています。

お昼寝は「コット」を使用

ベビーベッドを卒業する0歳6ヵ月からは、「コット」と呼ばれる簡易ベッドで寝ます。お布団の用意は必要なく、上掛け用とシーツ用の2枚のタオルケットを使用。準備も簡単で、市販の大きめのタオルの四隅を縫ってゴムをつけるだけです。保護者の負担と荷物の軽減にもつながります。

行事は保護者が参加しやすい日に

保護者に参加をお願いする行事は、平日をなるべく避け土曜日にするなど、参加しやすい日を選んで設定。行事の内容もなるべく保護者に負担がかからないように配慮しています。

PAGE TOP