1. 千趣会チャイルドケアTOP
  2. > 採用情報
  3. > 保育スタッフ(保育士)インタビュー
採用情報

保育スタッフ(保育士)インタビュー
妊娠・出産を経て復帰。
園長や先輩保育士さんの
大きな優しさがあるから、
今も続けられている。

保育士 正社員
えがおの森保育園・おおもり駅前
地元(新潟)の保育園、病児保育などで経験を積み、2016年5月よりおおもり駅前の園に勤務。産休後復帰し、長女を近くの保育園に預けながら時短制度を利用して働いている。

千趣会チャイルドケアで働こうと思ったきっかけを教えてください。

転居が決まり、引っ越し先に近いところで働きたいと思って求人情報を見ていました。知らない土地だったので、駅に近いという利便性を重視していてこの園にたどりつきました。あとは千趣会が運営しているということで、名前が聞いたことがあるのはもちろんですが、私自身も通販を利用したことがあり、そういった点でも安心でした。

さらに、おおもり駅前の園を見学させていただいたときに、職員さんたちの間柄がとてもいいなと感じたことも理由です。職員さんたちが笑顔で「どうぞ」と迎え入れてくださり、子どもたちものびのびとしていました。職員同士の関係がよくないと、子どももどこかピリピリした硬いところがあったりするものなんです。それがまったくなかったですね。


これからどんな保育士をめざしますか?

子どもの心に寄り添いたい。それがいちばんですね。自分から言えないことでも、今この子は何をしたいんだろうということを汲み取れる保育者になりたいなとずっと思ってきました。

子どもを授かってさらに、子どもだけでなく保護者の方が預けたあと、気持ちよく出勤できることも大切だと思うようになりました。不安のあるまま仕事に行ってほしくないですし、保護者の方に気持ちよく、安心して任せていただける存在でありたいです。


妊娠・出産後、復帰されていますが、仕事への不安はありましたか?

自分が妊娠したのがわかったときに、すごく迷惑がかかるって思ったんです。ところが、園長をはじめ先生方も「おめでとう」と一緒に喜んでくださって、そこから産休まできめ細かなサポートしてもらえました。今までの経験からだとまず責められるんじゃないかと思ったんです。まだ勤務しはじめたばかりでしたし、正社員として働いているのに最初から受け入れてくださって、日頃から体の負担のないように気づかっていただいたり、また出産間際には行事を入れないでいただいたり、いろいろな配慮をしていただきました。

これまでの園では退職せざるを得なかったり、パートにならなくてはいけなかったりというところもありましたが、今年度から正社員として復帰し、時短制度を利用させていただいています。娘が病気になったときにどうしようとすごく不安だったのですが、状況を説明すると、すぐに「大丈夫!なんとかするね」と言ってくださるので、少し安心して休めます。

復帰後、2歳児のクラスを担任していますが、まだ慣れない子どもたちに逃げられてしまったり、泣かれてしまったりすることもありました。でもここ最近、子どもたちから近づいてきてギュッと抱きついてきてくれるようになり、先生として受け入れてもらっているのを感じています。


他の保育士さんやスタッフとの関係について教えてください。

以前いたところは「おはようございます」と出勤してもまず園長室に行って一礼する、そんなところでした。
このような壁があると伝えたいことも伝えづらくなっていいきますが、今の園ではそのような壁を感じないですね。園長先生や他の先生方にクラスの運営についてはもちろん、自身の子育ての悩みとかさまざまなことで相談にのっていただいています。


園庭がない、ビルインタイプの園で困ることはありませんか?

園庭がないことについて、最初は不安があったんです。
ですが公園が近くにあって、保育士のみなさんは場所を熟知していて、どこがどう危険なのかも周知しているので気にならなくなりました。

子どもたちにとっても、小さいときから公園までの道を大人と一緒に手をつないで歩くことで、小学校に入る前に、どういうことやどういうときが危険かも学べるのはかえっていいことだとも思います。


えがおの森保育園の好きなところ・自慢できるところは?

アットホームであったかいところです。朝、おはよう。職員間でも保護者の方も笑顔で言ってくださる。
保護者の方の話もゆっくり聞くことができますし、職員間の雑談もとても楽しい。自分自身、仕事と思うと「あー行かなきゃ」という気持ちになることもありますが、職員の関係がいい分、足取り軽く行けているかなと思います(笑)。

他のインタビューを見る

PageTop