1. 千趣会チャイルドケアTOP
  2. > 採用情報
  3. > 保育スタッフ(保育士)インタビュー
採用情報

保育スタッフ(保育士)インタビュー
この園の名前のように、
笑顔が連鎖するように。
私自身も笑顔をたやさず、
働いていきたい。

保育士 正社員
えがおの森保育園・かつしま
幼稚園教諭を14年間経験したのち、2017年より保育士として、かつしまの園に勤務。オープニング園の立ち上げメンバーとして一から携わる。

幼稚園での勤務経験が長いなか、どうして保育園に転職を?

ひとつの園で長く勤めていたので、新しい場所へ行き、今迄の経験を生かしていきたいと思うようになりました。幼稚園に通う前の段階、乳児保育にも興味があったのと、自身の甥や姪のお世話をしていくうちに、もう少し乳児について知りたいと思うようになりました。

幼稚園の先生になって10年経ったころ、保育園への転職を考えたことがありました。そのときは一歩がなかなか踏み出せなかったのですが、さらに経験を積んで保育士として新たにスタートしたいと思えるようになりました。


千趣会チャイルドケアで働こうと思ったきっかけを教えてください。

転職するにあたり、いくつか保育園へ見学に行きました。それぞれの園の雰囲気や方針を聞かせていただいたのですが、悩んでいました。そんな中、毎日自転車で通る道に「えがおの森保育園」の看板ができ、「保育園だ!! どんな園だろう?」と調べたのがきっかけです。

企業理念のひとつ、「子育て支援を通して、子どもと子育てにかかわるすべての人を笑顔にする」からわかるように、子どもだけでなく保護者や保育士も含めて考えられているところ、働きやすい環境やサポートの手厚さにも惹かれました。

姉妹園の見学として訪問した、おおもり駅前の園では夕方の忙しい時間にもかかわらずあたたかく歓迎していただき、先生方が笑顔でとても楽しそうな雰囲気でした。また、案内してくださった本部の方の対応がとても丁寧で話しやすかったこともあり、ぜひここで働いてみたいと思いました。


開園して2年目を迎えますが、
オープニング園ならではのエピソードはありますか?

新しい園なので、行事でも先生方の「ああしたい、こうしたい」を「まずはやってみよう!」という思い切った気持ちで取り組めたこと。園長先生もアドバイスをしてくださりながらも先生方の意見をたくさん受け入れてくださいました。

担当した初めての運動会は保護者の方も大勢参加される大切な行事です。早くから準備をはじめ、体育館を借りる小学校にも伺い、全員でこれまで勤めていた保育園や幼稚園でやっていたことなどいろいろなアイデアを出し合い、前もってすることのリストをつくるなど、実施に向けて奔走しました。終わったあとは達成感がありました。他の先生に良かった点・反省する点・気づいたことなどをアンケートに書いてもらい、保護者の方にもご意見をいただきました。それまとめたものを今年の運動会へとつなげていきたいです。

年齢関係なく、皆で意見をどんどん出し合ったり、相談したりできるのは、全員が1年生としてスタートしたオープニング園だからというのもあるかもしれません。


乳児クラスの担任をして、また幼稚園との違いについて感じていることは?

昨年は1歳児、今年は持ち上がりで2歳児クラスを担任しています。子どもはひとつのおもちゃで、また自然の中で遊ぶだけでも豊かな想像力を見せてくれます。子どもの遊びはどんどん広がっていきます。そこを私たち大人が潰さないようにしたいですね。保育園で過ごす年月はとても大事な時期だからこそ、子どもの発見や気づきを伸ばしていけるように先生方とも相談しながらやっています。

また幼稚園は子どもが帰ったあとに話し合いをしたり記録を書いたりしますが、保育園は午睡中に話し合ったり、連絡帳を書いたり。私たちが勤務するより早くから園に来ている子もいて、疲れていないかケアも必要です。また、歩けるようなった、一人でエプロンがつけられる、椅子に座れるようになった、名前で先生を呼べるようなった、そのひとつひとつの瞬間に立ち合えることも乳児を保育しているからこその喜びだと感じています。その喜びを保護者の方と共有できることもうれしく、今とてもやりがいを感じています。


これからどんな保育士をめざしますか?

一人ひとりの子どもの心に寄り添い、子どもの気持ち(世界観)を大切にできる保育士、子どもたちや保護者の方からも信頼される保育士でいたいと思います。時には友達のように、お母さんのように関わりながら、大きくなったときに「保育園、楽しかった」と思えるように、子どもたちの心に残る時間・思い出をつくっていきたいです。

そのためにも子どもたちは本当に楽しいかどうかをいつも考えるようにしています。自分自身も楽しまないと、子どもたちに楽しさは伝わりません。子どもと一緒に成長し、つねに向上心を持っていたいです。「えがおの森」の名前のように、笑顔の連鎖が広がっていけるように、私自身、笑顔をたやさず楽しみながら働いていきたいです。


えがおの森保育園の好きなところ・自慢できるところは?

職員間の仲が良いところです。これからも意見を出し合ったり、時にはぶつかり合ったりながらも、みなさんと一緒にかつしまの園を盛り上げていきたいです。

他のインタビューを見る

PageTop