1. 千趣会チャイルドケアTOP
  2. > 採用情報
  3. > 保育スタッフ(保育士)インタビュー
採用情報

保育スタッフ(保育士)インタビュー
子どもたちの気持ちや
感性を何より大切にしたい。
先輩方に教わりながら、
日々成長していけたら。

保育士 正社員
えがおの森保育園・かまた駅前
大学を卒業後、新卒で入社。実習や研修を経て、かまた駅前の園に配属。1年目は1歳児を担任、2年目は持ち上がりで2歳児クラスを担任している。

千趣会チャイルドケアで働こうと思ったきかっけは?

小さいころから自分より年下の子どもの世話をするのが好きでした。母親が保育士をやっているので、その姿を見て、そしてうれしい話や大変な話を聞き、それでも保育士になりたいと思って保育を学べる大学に進学しました。

もともと結婚で引っ越す予定があったので、新しい住まいに近いエリアで保育園探しをしました。自治体の保育士求人サポートに登録して紹介してもらった園と大学のゼミの先生から紹介していただいた園を見学。
えがおの森保育園・かまた駅前は、園の雰囲気がとても明るいと感じました。預かる子どもの人数が少ない園なので全体のことが把握でき、ワンフロアになっていて状況を共有しやすいのもいいと思ったのを覚えています。


新卒で入社して感じていることについて教えてください。

本社の研修では同期の先生方と一緒になることもありましたが、この園では新卒の保育士は私ひとりでした。

新しく今年入ってきた先生も経験のある先生だったりするので、いろいろ教わることがいっぱいです。年齢が近い先生も短大卒・専門卒なので経験は2年ほど先輩ですが、年齢が違いこともあり話しやすく、いろいろ教わっています。

現在2年目ですが、本社の研修と自治体の研修にも参加させていただいています。研修で学んだことを実際に園での毎日に取り入れることで、さらに自分の成長につなげていきたいです。研修や実習では次に何をしたらいいか質問できますが、日々の保育の現場では自分が主体となって動かなければいけません。その責任の重さを感じています。


これからどんな保育士をめざしますか?

なぜそういうことをしたのか、子どもの気持ちをわかって受け止めてあげられるような保育士になりたいと思っています。またそれが、今の私の課題でもあります。

危ないことをしそうなときなど、つい大人の感覚で物事を判断してしまいがちですが、子どもにはちゃんと理由があってしていることばかり。ただ注意したりやめさせたりするだけでなく、一呼吸おいて「なんでだろう?」と思えたらまだいいほうで、それすら気づけていないこともあります。いまはまだ自分の言動を振り返り、反省し、また前向きにがんばる、そんな毎日です。


どんなときにやりがいを感じますか?

自分の思いが子どもに届き、子どもの気持ちを動かすことができたときにやりがいを感じます。

子どもにも「あれがしたい」「これはしたくない」という思いがあります。たとえば着替えをしないといけない時間に、どうしても着替えようとしない子どもがいるとします。そんなとき、「給食のメニュー、バナナが出るらしいよ」「お着替えしてバナナ食べようよ」など、声掛けの仕方やタイミングで子どもの気持ちを切り替えたり、私が背中を押したりことで、子どもが嫌な気持ちになることなく自分の意思で行動できたときはうれしく思います。


他の保育士さんやスタッフとの関係について教えてください。

園長先生をはじめ、先輩保育士のみなさんに、いつもアドバイスをいただいています。子どもたちが相手なので、厳しく教えてもらうこともあります。自分の不甲斐なさに心が折れそうになることもありますが、私がより成長できるように導いてくださっているので、少しでも吸収できる自分になりたいです。

園長先生は、私たちの想いや意見を否定せず受け止めてくださっていると感じます。
質問をしたときに答えをすぐに教えるのではなく、考えるヒントやきっかけをくれる言葉で返してくださいます。私が担任しているクラスのことも一緒に良くしようと力になってくださっているのもうれしいです。


えがおの森保育園の好きなところ、自慢できるところは?

雰囲気がすごくいいです。フロア全体も明るいし、先生も子どもたちも明るいし、笑顔が多いところがこの園のいいところだと思います。私自身もとても働きやすいです。

他のインタビューを見る

PageTop